ウタジン

歌詞の意味

『リバーサイド ホテル』歌詞の意味は借金苦のサラリーマンが見た幻の夢物語だった

『リバーサイド ホテル』(1982,井上陽水)の歌詞の意味は、「川」の解釈が最大のポイントとなります。 当ブログの立場は、以下の2つの解釈が可能とするものです。 川=三途の川の象徴 川=現実逃避の象徴 今回は、川を現実逃...
歌詞の意味

globe『DEPARTURES』の歌詞の意味は男に置き去りにされた女の愛と夢の物語

globeの美しい名曲『DEPARTURES』(1996)の歌詞には5つの謎があります。 伏せられた写真立て 左利き生活 伸びた前髪 強い風 DEPARTURESの最後のS 今回この謎に挑戦して、5つの点が見事に一本の線に...
歌詞の意味

槇原敬之『どんなときも。』の歌詞の意味は夢を実現したいすべての人に贈る不滅の応援歌だ

槇原敬之の『どんなときも。』の歌詞の意味は、自分の夢がなかなか実現しないで苦しんでいる人への不屈の応援歌です。 ボケ―と流されながら生きている人には、ダッセー感じがする歌詞なのかも知れませんがね。 400字詰め原稿用紙一枚にこめられ...
歌詞の意味

玉置浩二『メロディー』の歌詞の意味は10代で故郷を捨てた男の切ない青春賛歌だ

玉置浩二が『メロディー』をリリースした37歳って、青春に最後のお別れをする年齢かも知れません。 目の前には、オジサン一年生の40代が口を開けて待っている…。 振り返ると、青春時代がどんどん遠ざかっていく…。 青春から何かをつかめるとし...
歌詞の意味

『木蘭の涙』の歌詞の意味は元介護女子の憂鬱と恋情の物語だった

『木蘭の涙』の歌詞は、全9節からなり、500文字程度の比較的コンパクトにまとめらた詩句から構成されています。 冒頭の「逢いたくて」から、結びの「置き去りに」まで、感情的なフレーズと抒情的なシーンの2種類のブロックが巧みに配置されて、聴く者...
タイトルとURLをコピーしました