『ダンデライオン』歌詞の意味はコミュ障に苦しむ少女の再生の物語

『ダンデライオン』歌詞の意味はコミュ障に苦しむ少女の物語

「ダンデライオン」の意味は、神秘的な魔力をもつ言葉かと思いきや、「たんぽぽ」(花)の英名でした。

語源は「ライオンの歯(dents de lion)」の意味のフランス語。「歯」”dents”が英語では”dan”に化けて”danldelion”になりました。

たしかに、タンポポって、ライオンの歯のようなギザギザが特徴的ではありますが、あまりにありふれた答えに拍子抜けしたのも束の間…。

この歌にガチでチャネルしたら、涙が止まらなくなりました。

今日は音楽チャネラーの頭ん中をそのまま書いてみます。。

目次

『ダンデライオン』歌詞の意味

歌全体の概要から先にお話しましょう。

歌の概要

いつものように長めの一言でまとめてみます。

頑張って一気読みしてくださいね。

『ダンデライオン』は、自分の生い立ちを知った事が原因でコミュ障になった少女咲希(17歳)が、親元から離れて東京の下町で一人暮らしをする中で、同じ境遇の青年と出会い、彼への思慕を通して、一人の女性として自立しようとする心境の変化を優しく励ます歌。

『ダンデライオン』にチャネリングして、なぜこんなストーリーになるのでしょうか?

チャネリング(歌をディープに聴くこと)する上で、3つの重要ポイントを整理してみました。

サブタイトル「遅咲き」は、人生に出遅れている事情を象徴していると解釈します。

10代の少女でありながら、両親とは離れて一人暮らしをしている事情がある

「傷ついた日々」とは、ふるさとの学校生活で精神的な苦痛を負ったと解釈します。

それでは、実際の歌詞を踏まえてチャネリングしたストーリーを次のページでご紹介します。

1 2 3
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる