松田聖子『瑠璃色の地球』の泣けるストーリーは女性宇宙飛行士が遺した愛と救済のメッセージ

「瑠璃色の地球」歌詞の意味は女性宇宙飛行士の愛と救済のメッセージ

『瑠璃色の地球』(松田聖子,1986)は、80年代JPOPの名曲として有名です。 

今回『瑠璃色の地球』にチャネルして見えてきたのは、人類への愛と救済のメッセージ。

そこで出会った歌の主人公は、宇宙開発史上最悪の爆発事故の犠牲となったある女性宇宙飛行士の姿でした。

目次

『瑠璃色の地球』歌詞の意味

歌詞全体の概要から先にお話しましょう。

『瑠璃色の地球』は、女性宇宙飛行士の魂がこの世を去る瞬間、人生のパートナーと母なる地球に向けて贈った愛と救済のメッセージ・ソング

なにか壮大なイメージのする歌ですね!

それでは、一番から順に歌詞の意味を紐解いていきましょう。

1 2 3
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる