『瑠璃色の地球』の歌詞は女性宇宙飛行士の最期のメッセージとして受け止めたい

瑠璃色の地球_妖精

『瑠璃色の地球』(松田聖子)の歌詞は、1986年(昭和61年)に発表されて以来、実に多くの人々の熱い想いを受け止めてきた歴史を持っている。

J-POPのトップアーティストから、高校生による合唱曲に至るまで、20人を超える様々な歌い手によってカバーされてきたという事実。

ファン投票によって収録曲が決まる企画アルバム『Another Side of Seiko 27』においても、非シングル曲中、堂々の1位を獲得した事。

この歌には何か秘密がある…。

それほどまでに、多くの人々を惹きつけて止まない『瑠璃色の地球』の歌詞の秘密を、知りたいと思い、頭を1986年の時点に戻して、あらためて聴き直してみたら…。

涙腺崩壊する前に伝えたいこと

『瑠璃色の地球』は、1986年に起きた「スペースシャトル・チャレンジャー号爆発事故」への追悼の念から生まれた歌ということ。

ーどうか、私の頭の中で起きた”痛ましい出来事”を嗤わないでください。

3秒でワカる『瑠璃色の地球』の歌の概要

この歌は、女性宇宙飛行士の魂が、この世を去る瞬間、人生のパートナーと母なる地球に向けて贈った最期のメッセージ・ソング。

『瑠璃色の地球』の難解な歌詞の意味をキレイにまとめてみた

瑠璃色の地球_歌詞意味_解説

1番の歌詞の意味

既婚の女性宇宙飛行士が、この世を去る最期の言葉として、パートナー(夫)への感謝の念を述べ、自分の死を(二人が)前向きに受け止めることで、救済の日が到来することを確信している(「自愛」)。

2番とサビの歌詞の意味

救済の喜びを万人と分かち合う「他愛」に転嫁させることで、(事故が起こっていなければ)宇宙から見たであろう地球と、そこで生きる全ての人々への「全体愛」(=神の愛)にまで昇華している。

①自愛⇒②他愛⇒③全体愛

歌詞全体のまとめ

まさに「愛」の弁証法的発展とも言える荘厳なイメージか、1番、2番、リフレインと順序良く、簡潔にまとめられている。

この歌のフォース(力)は、こんな深い真意から発しているワケだ。20人の歌い手たちの想いを受け止めて、なお余りあるものだ。

『瑠璃色の地球』の歌詞に込められた「救済と希望」への想いとは

人がこの世を去る瞬間、何を思うかー。

この歌の主人公は、最後の瞬間に「救済と希望」への想いを、残されたパートナーと世界中の人々に贈った。

夜明けは必ず来る

絶望するほど、辛い現実が長く続いていたとしても、「希望」を失わず前に進めば、人には必ず「救済」の日が来るはずー。

輝く陽は昇り、二人を迎えに来る

迫りくる自らの最期を省みず、我々に届けようとした彼女の想いは、今なお空に光輝いているー。

この歌は、美しくも、荘厳な願いが込められた歌なのだ。

歌詞の意味を深く知る仮想ストーリー

瑠璃色の地球_歌詞の意味2

歌の主人公は女性宇宙飛行士

主人公の名前は38才の米国女性・ジェニファー(仮称)だ。

女性宇宙飛行士として、スペースシャトル・マコーリフ号に搭乗したが、船体の不慮の事故によって、仲間のクルーと共に空に散った。

託された最期のメッセージ

『瑠璃色の地球』の歌詞の内容は、事故発生から船体消滅までのわずか3分間に、地上にいるパートナーとすべての人々に託した魂のメッセージだ。

彼女の放つ力強いメッセージは、次の5つの内容を含んでいるーぜひ心して受け止めて欲しい。

  • 常に希望を失わず前に進むこと
  • パートナーへ感謝すること
  • 人は愛し合う力を持つこと
  • 人類は一つの船に乗っていること
  • 地球はかけがえのない星であること

これが、『瑠璃色の地球』の歌詞に込められた、5つのメッセージだ。

最期の瞬間、スペースシャトルのガラス窓から、広大な銀河に浮かぶ青い地球を見た彼女の胸に沸き起こった、深い愛に満ちた想いなのだ。

ーなぜ、こんな深い想いが、わずか数分の間に次々と彼女の胸に沸き起こったのだろうか。

今回の仮想ストーリーは、事故発生直後のスペースシャトルの搭乗室から始まる…。

最悪の宇宙飛行士7名全員死亡事故

悲劇は、シャトルが地球に帰還するためには避けて通れない、「大気圏再突入」の中で起こりました。

地上からの高度120キロ。船体の表面温度1,600℃。飛行速度は、マッハ24。

”宇宙と地球の境目”を通過するもっとも危険な10分間ー。

想像を絶する過酷な宇宙空間では、針一本ほどのささいな出来事が、大惨事の原因になり得るのです。

1986年に起きたマコーリフ号爆発事故

マコーリフ号は、離陸時に発生していた小さな機体損傷が原因で、地球への帰還を目の前にして、空中分解の大惨事に見舞われます。

衝撃から発生した燃料タンクの炎は、クルーたちの乗務員室を襲いました。

灼熱地獄の果てにやって来たもの

クルー7人が搭乗する乗務員室の気温が一気に上昇。

宇宙服を貫くほどの灼熱地獄の熱気が、ジェニファーを襲います。

あぁ、カラダが焼けるぅぅ…!

恐怖を通り越し、閃光のような意識が身体を貫いた瞬間でした。

ジェニファーは、不思議な光景を目にします。。

聖なる最期の瞬間に見たシーン

「瑠璃色の地球」歌詞の意味

シャトルのガラス窓からは、瑠璃色の輝きを放ちながら、青い地球が静かに広がっていました…。

大海原の真ん中にある小さな島には、ジェニファーとハズがいます。

結婚して間もない頃に、二人で訪れたハワイの岬の灯台の下で、二人は手をつないで暗い海を見ていました。

ハズが、ぽつりと口にします。

夜明けが来ない夜はないよ…。

苦しかったあの頃の二人ー。

あなたがそばにいてくれたから、乗り越えられたの…。

今になってようやく分かるこの気持ちを、地上にいるあなたに伝えたいー!

苦しみが消えて喜びが湧き上がる!

そう思った瞬間、不思議なことに、全身を焼かれるような熱さが消えていきました…。

それだけではありません。

この世を去るという悲しみや苦しみが、まるでウソのように消えてしまいました。

自分はどんなことがあっても、死ぬことはないという確信のような不思議な感情が、沸き起こって来ました。

こんな気持ち、

今まで経験したことないわ!

ジェニファーは、この歓びを地球にいる皆に分けてあげたい衝動に駆られました。

これまでのすべての悲しみが、微笑みに変わる瞬間でした…。

人には愛する力があるけれど…

瑠璃色の地球_歌詞意味_イランイラク

ガラス窓の下を見やると、碧い大海原は、三角形の黄色い大地に変わっています。

(あぁ、大勢の人が、銃を持って撃ち合っている…!)

(子どもたちが血を流して倒れている!)

ジェニファーは、胸が張り裂けそうになりました。

争い傷つけ合うことは、

もう止めて…!

人には互いに愛し合う力があるわ!愛のフォースを使えば、幸せになれるわ!

ジェニファーは、力の限り叫んだつもりでしたが、遥か遠く離れた地上には届きませんでした…。

最後に訪れた救済の曙光とは?

瑠璃色の地球_歌詞意味_光ガラス窓の向こうは、ふたたび碧い海に変わっていました。

ジェニファーとハズは、手をしっかりと手を繋いで、水平線の彼方から射し始めた朝陽を見つめていました。

ハズは静かに微笑んで言いました。

ほら、この日がやって来たよ。

ご覧、あの朝陽を!救済の光だ

その瞬間、目が眩むような白い光が、物凄い速さで海原を這い進み、岬の先端に佇む二人を包みました。

…あぁ、光になる…!

ジェニファーは白い光に呑み込みれて行きました。

船長の最期の言葉

…みんな、これまでありがとう…!

みんなと出会えたのは、

人生最大の喜びだった…!

無事帰還をいのる…!!

 

ヘッドセットから船長の叫び声が、途切れながら微かに聞こえました…。

それが、ジェニファーの最後の記憶でした。

叶わなかった帰還

マコーリフ号は、突然明るく輝いた後、白い閃光をテキサスの夜空に曳いて、すぐに消えた。

マコーリフ号!

応答願います!

応答願います!

……

ジョンソン宇宙センターの管制官は、祈るように必死に繰り返した。

レーダーのスクリーンから白い小さな点が消えたことも、目に入らないかのように…。

 

長時間おつき合い頂いたが、以上が『瑠璃色の地球』の歌詞から生まれた仮想ストーリーだ。

歌の意味をまとめてみる

  • 主人公は宇宙事故に巻き込まれた既婚の女性宇宙飛行士
  • 事故直後の数分間に主人公の魂は最期のメッセージを遺した
  • 人にはいかなる悲劇や苦悩をも乗り越える愛の力がある
  • 希望を信じて進めば必ず救われる道が拓ける

歌のテーマ「希望と救済」の底に流れているのは、個人を超える地球規模の普遍的な愛の力だ(神の愛=アガペーに近い)。

21世紀のニッポンにおいても、これまで以上の苦しい現実が待ち受けていることだろう。この歌は、これからも、多くの人々の心を照らし続けるはずだ。

『瑠璃色の地球』の詳細情報

発表年/1986年(昭和61年)

作詞/松本隆

作曲/平井夏美

歌手/松田聖子(推定年齢24歳時)

初出/アルバム『SUPREME』