SMAP「Subway Kids」のラップ歌詞で泣くZINE

SMAPのラップって、ヤバくないか?

キレッキレのSMAPのラップ

ヤバいと思う。

ワイルドで切なくてエメラルドのように深いSMAPのラップ。

ライブでも人気のラップナンバー Subway Kids も、そんな初期のSMAPの名曲だ。

今宵は、こヤツに降臨してみよう。

ウタジン、ジンジン!

ハッとして、グッ!

ほれっ、ちょいと危険なZINEがデキたぜ。

うたZINE本編『プラットフォームの闇の向こうへ』feat.Subway Kids(SMAP)

ホータイ男のラッパーMasaの登場

ガランとした地下鉄のプラットホーム。ホームの端にポツンと立つ人影が、妙に寂しかった。怪我でもしているのか、腕に白い包帯を幅広に巻いている。

心の中で何かと戦っているようだ。やり場のない苛立ち?希望を持てないやるせなさ…?彼の全身から、とげとげしい空気が伝わって来る。

―突然、ダンスを始めた。激しいラップだ。

タップ踏みながら、足と腕がホームの空気を掻き切っていく。

ポーズが決まった―その瞬間、ガクッと崩れ落ちるように、その場にへたり込んだ。頭を垂れて、しばらくじっとしていたが、やがて、肩を震わせ始めた…。

サブウェイ・キッズの語る近未来の東京

オレはTOKYO生まれのTOKYO育ちの Masa (マーサ)だ。サブウェイのトヨス(豊洲)駅に住んでる。生まれたのも駅の中だ。

オレはサブウェイ・キッズ。

―なぜ、サブウェイの駅なんかに住んでるのかって?

教えてやるよ、お気楽ニッポン人に。

世界一安全なスラム都市TOKYO

西暦2120年。東京オリンピックのバカ騒ぎが終わってちょうど100年。日本の総人口は、ついに6000万人を切った。

気がつけば、ヒューマノイドと外国人と高齢者で溢れる世界一安全なスラム都市TOKYOが完成していた―誰がこんな未来を想像し得ただろう。

乗客のいない地下鉄が走る日

まず人口減少が100年以上も続いていというのは、いいよね?

オリンピックが終わってからは、この辺りの乗降客が激減した。 そして、追い討ちをかけたのが、2030年の7.11東京大震災による液状化。

乗客のいない地下鉄が走る

7.11大震災以後、ベイエリアの都市機能はほとんど壊滅状態だった。 コストをかけてもペイしない復興計画は、宙に浮いたままで、着手の兆しはまったくなし。

経営上の理由をから、東京メトロの部分的な操業停止が相次いだんだ。 そりゃ、そうだ。ほとんど誰も乗ってない地下鉄なんて、走らせるだけ赤字だから。

仕組まれたタダ乗り行政

ここトヨス駅も2070年ぐらいから営業ストップ。

しばらくは、立ち入り禁止で封鎖されていたらしいけど、インフラ再利用の声から、都民のフリースペースとして開放された。

フリースペースなんて、聞こえはいいけど、早い話が路上生活者の収用場所だ。

法律的には、違法滞留者だから、なんの保障もしないし、しなくていい。

錆びたレールに見え透いたルール

公共のライフスペースにも入居できないレベルの人間が、自然と集まり出した。

そこが、どんな世界か、分かるかい?

―お気楽ニッポン人にはわかんないだろうな。

犯人は誰?サブウェイキッズ襲撃事件

サブウェイキッズの誕生

10年もしないうちに、地下鉄構内は移動式シェルターで溢れた。

誰からともなく、「サブウェイ・ビレッジ」と呼ぶようになった地下鉄構内の地下街だ。

昔は、「駅ナカ」って呼ばれる賑やかな商業施設があったらしいね、駅ん中に。

オレが小さい頃、パパから聞いたことがあるよ…。

サブウェイ・ビレッジは、そんな楽しい世界じゃない…。うす暗いアンダーグラウンドだ。

キャリアもWi-Fiもないから、インターネットなんかない。あるのは、非常用水道と電源のみ。

空調が稼働しているから、慣れれば一年中暮らしていける。ちなみにゴキブリとネズミはいない。衛生大国ニッポンだ。

ママのこんなジョークが耳に残ってる―ウチは駅ナカ家族ね!ずっと駅に住んでるんだから(笑)

…ダサいと思うな。サブウェイ・ファミリーしょっ!

オレはサブウェイ・キッズ!

サブウェイ・キッズの抗争勃発!

サブウェイで生まれて、サブウェイで育った―そんな人間が年を追うごとに増えて、いつしかグループができた。

  • ツキシマ(月島組)
  • トヨス(豊洲組)
  • タツミ(辰巳組)

サブウェイ・キッズの三大勢力は、隣接する駅ごとにシマを張っている。というか勢力争いを続けている。

地下水・食料・電源の分配をめぐって、もう何年もいがみ合いをしているんだ。ここ数年は暴力事件も頻発するほど深刻化している。

もちろん、行政は見て見ぬふり。

最後のラップパーティー

あの日、オレたちラップ好きの6人組は、ひさしぶりのラップパーティーで盛り上がっていたんだ。

6人組の名前は SMART !

年代物のターンテーブル、テクニクス(Technics)MK-6がオレたちの宝物!100年前のレジェンドDJと同じタンテでグルーブ!

仲間の Katu (カツゥ)が慣れた手つきで、キュッキュッとスクラッチを送り出す。

Gettin’ Down♪

サーバーからメンバーそれぞれのインナーフォン(※注)にソースが配信される仕掛けだ。(※注)近未来の内耳装着型イヤフォンのこと。

Hangin’ Out♪

暗いトンネルの廃墟が、一瞬で熱いパーティー会場に変身する。タンテの青いLEDがオレの心を照らす…。

Steppin’ Out~♪

200年前のR&Bなのに、オレの魂を揺さぶって止まない。今夜はどこまでも、オレを連れていってくれ!

S h a k e  I t  U p

音楽があるから、こんな場所でも明日を信じて生きていられるんだ…。今夜はオールナイトだ!

―そう叫んだ瞬間だった。

ハンマー男たちの襲撃

サッと黄色の光が足元を照らしたと思うと、
ガシーン!
とイヤな音がして、いきなり音が止んだ。

手にハンマーを持った人影が、大きく凹んだターンテーブルの前に突っ立っている。

ウソだろ?

何人かの黒い影がばらっと周りになだれ込み、ベンチに置いていた機材をハンマーで叩き壊し始めた!

(〇✕△✕※✕!)

ナニを言ってるか分からない!

聞いたことのない外国語だ。

ターンテーブルを壊したハンマー男は、今度はレコードの山を叩き潰し始めた!

ナニすんだ!

逆上して叫ぶと、思わず腰からジャックナイフを取り出して、身構えた。

奴らだ…。
隣のツキシマか
ダイバの奴らだ。
どっちだ…?!

オレはもう、何が何だかわからなくった…!

やめろー!

思わず、ナイフを振り上げて、ハンマー男に突っかかって行った…。

気配を感じたハンマー男は、振り向きざまにオレに向かって、ハンマーを振り下ろしてきた。

オレは辛うじて半身でかわし、ナイフを黒い影の肩に打ち込んだ…!

 

それからは、あまり覚えいない・・・

 

気がつけば、散乱したレコードの上に、Katu が血を流して呻いていて・・・。

自分の腕の痺れるような痛みに、思わず見ると手首まで赤黒く染まっていた。ジャックナイフが3mほど離れたところに落ちているのが目に入った。

壊されたターンテーブルは、死んだようにテーブルの上に置かれていた…。

(完全に破壊された…。オレたち SMART の聖なる場所が…。)

堪えようのない怒りで涙が溢れだした―。

地上生活への夢が果てていく

現実を変えるにはお金が絶対必要

(プラットフォームの地下生活から抜け出したい…)

サブウェイ・キッズなら一度は抱く夢―。

そのためには、まとまったお金が必要だ。ライフスペースための毎月の賃料、最低限の食料費、さまざまな生活雑費…。

なにより仕事だ!毎月安定した収入を確保する必要がある。

いつの世も仕事とお金

だけど、もう一つ必要なものがある。それは、行動する勇気だ。

お金は行動の結果でしかない

お金がハードだとしたら、行動はソフトだ。ハードを生かすも殺すもソフトの力だ。お金をどんなに持っていても、行動しなければ、現状は変わらない。

行動してナンボ。

そんなアタリマエの真実を頭でわかっていても、体は1ミリも動かない。一人で地上の世界へ飛び出していくなんて、正直…、

怖いから。

地上生活なんて、わからない事だらけだし、第一頼る人もいない。仕事だって何ができるかわからない…。

仲間と一緒に行くなら、なんとかなるかも知れないが、SMARTのメンバーもそれぞれ事情を抱えている。結局のところ一人で行くしかない。

キミなら、どうする?

不幸のスパイラルを乗り越える方法

Masa は肩から吊るした薄汚れた三角巾を力なく眺めながら、プラットフォームの端に立っていた。

すぐ横には、トンネルの闇がぽっかりと暗い口を開けている。

あの襲撃事件以来、メンバーの6人は集まらなくなってしまった。―SMART 崩壊。そしてトヨス組全体の反撃の動きと事なかれ主義の対立…。

Masa には、この一連の事実も耐え難い痛みだったが、今は新たな心の闇に怯えていた。

(隣駅にはオレたちの聖なる場所を破壊した人間が住んでいる。トンネルの左も右も、続いているのは暗闇だけ―”光の射す方へ”なんてふざけてる…。)

闇はどこまでも続く

そんなやり場のない思いに胸が一杯になりそうになった時、急にあるラップ・ナンバーのイントロが頭をよぎった…。

No money and so do it.
(金なんてない。だから、やるんだ。)

ハッとした―。

現実←お金←行動←勇気という流れしか頭になかった Masa にとって、一つ乗り越えている言葉だった。

現実←行動←勇気

お金がないなら、すっ飛ばせばいい。この歌詞はジブンにそう教えている。

―なんて素晴らしいアイデアなんだ!

―そうなんだよ!すっ飛ばせばいい!必要なのは100万倍の勇気だけだ。

勇気だけ持って来い。

(そうジブンに教えてくれているんだ…!)

こう思った瞬間、体に電流が走った。そして、そのラッパーに全身全霊で感謝したくなった。

Masa は、突然ダンスを始めた。激しいラップだ。

タップ踏みながら、足と腕がホームの空気を掻き切っていく。

ポーズが決まった―その瞬間、ガクッと崩れ落ちるように、その場にへたり込んだ。

頭を垂れて、しばらくじっとしていたが、やがて、肩を震わせ始めた…。

しばらくすると、ゆっくりと頭(こうべ)を上げて、プラットフォームの闇をじっと見つめた…。

うたZINE『プラットフォームの闇の向こうへ』(終)

うたZINE解説

舞台は近未来2120年の閉塞した東京

廃墟のような地下鉄のプラットホームの端に一人たたずむ少年Masa(歌の主人公)の語る、2120年のスラム都市・TOKYOの閉塞した状況とは?

サブウェイ・キッズの誕生と生活

セイフティーネットの隙間で生まれたサブウェイ・キッズ。明日の見えない生活と繰り返される抗争に耐えながら、唯一の救いをラップに求める仲良し6人組 “SMART”とは?

少年を救ったラップナンバーの歌詞

懸命に夢を探し求める少年Masaに、ラップが教えてくれた意外な人生の処方箋とは?―ラストシーンのMasaの呟きに、現代を生き抜く知恵と勇気をもらおう!

うたZINE概要

SMAPのデビューアルバム『SMAP 001』収録の Subway Kids をフューチャー。近未来の東京を舞台に、廃虚のような地下鉄構内に暮らすサブウェイ・キッズ達の絶望と救済を描く挑戦的な作品。